環境と建物を守る!壁面緑化が人気となっている理由3選

空気の清浄効果と環境の保護

植物には周辺の空気を綺麗にする清浄効果がある事は有名ですよね。壁面緑化を行う事で建物周辺の空気に含まれている排気ガス等の汚染物質を吸収して綺麗にする事が出来るといった効果があります。また、都市部で問題視されているヒートアイランド現象を緩和させる事が出来るといった効果にも期待する事が可能です。地域内の環境を保護したい・向上させたいといった理由から壁面緑化を利用している建物のオーナーさんも増えているんですよ。

壁面緑化のコスパの良さとは?

壁面緑化を行うだけで、省エネ効果や建物の延命効果を得られる等のメリットがある事を耳にした事がある方は多いですよね。植物が発生させている水蒸気は断熱効果があり、暑い夏には室内の温度の上昇を防ぎます。温度が上がりにくい事でエアコンの温度をあまり下げる必要がなくなったり、効きが良くなったりする事で毎月かかる空調代の費用を抑える効果もあります。また、直射日光や紫外線・赤外線から建物を守り熱膨張収縮を防ぐ事も出来るので建物自体の寿命を延ばす事にも繋がるんですよ。

メンタルケアの効果もある?

植物には、眺めているだけで無意識にストレスを解消したり疲労回復を促したりといったメンタルケアの効果もあります。壁面緑化で自然と植物が目に入るようにする事で癒やし効果も得る事が可能となっています。壁面緑化を利用している方の中には、建物周辺にベンチ等を設置して周辺住民の方の憩いの場にするといった活用方法を行っている方も珍しくないんですよ。様々な植物が使用でいる壁面緑化では、見た目の美しさにもこだわる事が出来ます。

屋上から植物の蔓を吊り下げるタイプの壁面緑化は壁への負担が少なく、植物が自重で崩れることが無いのが大きな利点です。その一方で品種によっては壁に沿って下がらないものもあるので事前の確認が必須です。