機械式時計の良いところ!悪いところについて

機械式時計はまさにステータス

機械式時計というのは動力がゼンマイ式である物をいいます。自動巻きと言うのもありますが、要するに腕で動かしたエネルギーで振り子を動かし、それを時計に使ってます。本当に素晴らしい技術であり、スケルトン系の時計を見ればわかりますが途轍もなく複雑な機械であるといえます。これは持っていることか一種のステータスなのです。まさに時計が財産になるほどの逸品なのです。そのため、当然ながら物凄い金額になることも多い物品になります。

実用性は劣ることが多い

機械式時計は素晴らしいのですが実用面から見ますと既に最高峰とは言い難いです。はっきりいって、クオーツ式のほうがよいでしょう。ですが、それはあまりにも趣がない、という感想を持つ人も多いのです。機械式であるからこそ、時計というのは素晴らしいのだ、という意見を持っている人は沢山います。それが時計を趣味としている人達であり、根強いコレクション趣味のある物品であるのが時計なのです。今でも素晴らしい機械式時計はどんどん作られています。

手に届く範囲の機械式時計

まさに家一軒分の金額がするような時計が珍しくないのが機械式時計の世界です。ですが、そんな物ばかりというわけでもなく、サラリーマンでも頑張れば購入することができる物はいくらでもあります。そうした物をまずは購入してみるとよいでしょう。機械式時計の魅力を十分に堪能することができるようになるでしょう。但し、イニシャルコストもそうなのですがランニングコストもかなりかかります。数年一度はオーバーホールをすることになるからです。

ダミアーニは目の肥えたセレブも満足するデザイン性と賞を十数回以上も受賞するほど優れています。きらびやかでありながら、シンプルさが自慢のその魅力をパートナーへ贈ってみてはどうでしょうか。